11.うたた寝していたらフェラさせられる  -俺の友達が凄まじいヤンツンデレで困っている件-

「なんだよ、触ってほしいのか?」

「うー…ん?んー…いいよ」

 これは触らなくていいよって風にも聞こえるんだけど…でもそうは取らなかった都築は熱い掌を抱えている俺の服の裾から忍ばせ、眠気に弛緩している身体を確かめるように這い回らせたみたいだ。

「お前の肌、吸い付くみたいに気持ちいいな。キスしてもいいか?」

「んー、…んふふふ。いいよ」

 擽ったそうに身を捩りながら、その言葉の意味も理解していないんだろう寝惚けている俺は、都築が顎を掬うように上げながら少しカサついた唇で覆うように口唇を塞いでも、息苦しそうに眉を寄せるぐらいで嫌がっている素振りはない。

「…はぁ、いいな。もっとキスしたい」

 口内を思うさま蹂躙されたのか、唇の端からたらっと唾液が零れるのも厭わずにムグムグと閉じた口を動かす俺を見下ろして、都築は目尻をとろりと発情に艶づかせると、舌で濡れた自分の唇をベロッと舐めて、それからそのまま舌先で俺の口の端に零れる唾液を舐め取りながらもっと口を開けと唇に舌を這わせている。
 間断なく触れる肌触りを愉しんでいる指先が、何かの拍子にまだやわらかい乳首に触れたのか、ジャージをたくし上げられて肌を露わにした俺は頬をうっすら染めてぴくんっと身体を竦ませながらも微睡みに沈んだままだ。
 胡座を掻いた都築の膝の上に乗っけられて、ぐでんと力の抜けている俺は、都築の胸元に倒れ込むようにしていた。だけど、都築がそれだと見えないと判断したようで、くるりと体勢を変えられて、俺は都築に背中を預ける形で眠っている。
 くちゅ…ちゅ…っと静かな擬音を響かせてキスを続けながら、都築は思うより優しい手付きで俺の両胸で主張を始める乳首を器用に弄っている。ぷくんっと勃ち上がった乳首は他とは違って薄く色づいているけど、都築の指先に転がされる度に俺の身体がぴくんぴくんっと反応している。それが面白いのか、ヤツはことさら執拗に、念入りに、扱くような仕草で俺の乳首を弄んでいる。

「…はぁ、寝てても応えるんだな。舐めてもいいか?あと、ズボンも脱がすぞ?」

「う…ん、は…はぁ……いい、よ」

 息も絶え絶えと言った風情に色気を感じたのか、都築はまた俺の口許に吸い付いたみたいだったけど、宣言通り、俺のズボンを下着ごと引きずり下ろすと、簡単に力の入っていない俺の身体を持ち上げて、引き抜いたズボンとパンツをそのまま横に投げ出した。

「ちゃんと勃ってるな。気持ちいいんだろ?」

「う……んんー…わか、んな……ん…」

 くたりと都築に背中を預けたままで眠りこけている俺は、寝惚けたようにぽやぽやと言ってから、またそのまますーすーと寝息を立てている。
 その時はきっと、エロい夢を見ているに違いない。

「おい、篠原!…シコっていいか?乳首も舐めるぞ」

「え…あ……ん、…んー…いいよ」

 意味をなさない俺の答えに都築は嬉しそうに唇を舐め、それから俺の身体を抱えるようにして脇から顔を出すと、ふっつりと勃ち上がっている乳首に舌を這わせた。

「あ!…んん、や…きもち……わる」

 都築の肩を抱くような形で抱きかかえられている俺が、イヤイヤするように首を左右に振っても、もう都築が舐めるのをやめることはなかった。
 一度了解を取り付けたんだから、気が済むまで舐める気でいるんだろう。
 そんな風に俺がか細く拒否ってるのが鬱陶しかったのか、またしても宣言したとおりに俺の股間に指先を忍ばせて、まだ半勃ちの色素も陰毛も薄いチンコにイタズラを始めたみたいだった。

「んん…や、やだ…やめてくれ。あ、あ、あ…そこ、そこは……」

「ここは?なんだよ、どうして欲しいんだよ?」

 舌先でまるで甘いキャンディでも舐めていたみたいにうっとりしていた都築が、頬を染めて息を弾ませる俺の顔をジックリと覗き込んで聞いている。
 閉じていた瞼がピクリと痙攣して、それから意識がないまま薄っすらと双眸を開いたみたいだった。

「…都築?あれ…お前、帰ったのか?」

「ああ。…どこが気持ちいいんだ?教えろよ」

「気持ちい?…ん?…んーふふ、そこ」

 都築の肩を抱くようにして抱えられている俺は、片足を大きく割り開かれて、アソコもソコも丸見え状態だ。なのに、擽ったそうにヘラヘラ笑っている。

「ここか?この奥…お前の穴に指を突っ込んでみてもいいか?突っ込みたいんだ。よく解れたら、オレのをお前の穴に挿れてみたい」

「んー…だめ…いやだ……それは……」

「なぜだ?お前の処女が欲しい」

「んふふふ…俺ぇ……女の子じゃないよ」

 ヘラっと笑いながら俺の頬に口付けてくる都築に呟くと、都築は何処か気恥ずかしそうな表情をしてから、「女とかそんなのどうでもいい。お前は可愛い」とかなんとかブツブツと何か呟いているみたいだった。

「指、入れるぞ?」

「うー…ん、いいよ」

 寝惚けたまま囁くように声を落とした俺を、都築は一瞬でも見逃そうとしないようにジックリと見つめていて、それから挿入するだろう場所とは別の、俺の口唇に指を突っ込んできた。

「んん……ん、ぅ…くる、くるし…」

「いいから舐めろ」

「んん、んふ……ん…」

 言われるままに舌を絡ませているだろう俺の顔をジックリ見惚れながら、都築はゆるゆると勃ち上がっている俺のチンコを優しげに扱いている。揺蕩うような微睡みの快楽に、俺は頬を染めたままペロペロと都築の中指を舐め続けている。

「いいか?穴に挿れるからな」

「ん……いいよ」

 都築は俺の口から引き抜いた唾液に濡れた指先を舐めてから、唾液の絡んだその指で俺の肛門を突いたり撫でたりしているようだったけど、指先が乾く前にゆっくりと挿入させたようだった。

「う…んんぅ……く、苦しい……」

 明確に眉を顰めて苦しがる俺に、都築は宥めるようにチンコを扱く指先を若干早めて、それからやめていた乳首への弄虐を再開した。

「あ、あ…んぁ……や、…んんー」

 都築の太い指は狭い孔道のなかで大きく円を描いたり、ずぷずぷと音をさせて抜き差ししたりと、思うさま蹂躙しているようだったけど、チンコと乳首を攻められている俺は苦しさも忘れて頬を染め快楽に身体を捩らせているみたいだった。

「…まだ、指一本でいっぱいっぱいだ。はは、やっぱりお前、処女なんだな」

 よく解したら…とか言ってたくせに、なかなか慣れない孔道が嬉しそうで、都築はハアハアと息苦しそうに喘ぐ俺の口唇を塞ぐように口付けて、暫く両手の指先をいやらしく蠢かせていたけど、不意にそれをやめて俺の身体を床に転がした。
 漸く胎内から指が抜き出ていって、ホッとしているような俺が、もう一度微睡みに戻ろうとしていた時、俺に覆い被さるようにして顔を覗き込んでいた都築が言った。

「今日はお前の処女を諦めるから…オレのを咥えてくれよ。いいだろ?」

「んん?……んー…いいよ」

 まるで条件反射のように頷く俺に都築は嬉しそうに頬に口付けてから、それから体勢を入れ替えて、俺の顔の横でカチャカチャとベルトを外すとジッパーを下ろし、ジーンズをずり下げてぼろんっと既にフルおっきしている逸物を取り出した。
 ビクビクっと脈打つ醜怪で巨大な逸物を数回扱いてから、半開きの俺の口にその先走りが垂れる先端をねじ込んだみたいだった。
 最初は嫌そうに眉を顰めていた俺は、それでも無理やり捩じ込まれた巨大なソレを、嫌そうにしゃぶり出したみたいで、それを感じた都築は気をよくして俺の股間に顔を埋めた。
 俺の小振りなチンコをペロリと舐めてから、その奥で肛虐にヒクヒクと襞を窄める肛門を舐めて舌先を挿入すると唾液を送り込んだ。改めて指先を挿入して抉るように抜き差ししながら俺のチンコに吸い付いた。
 お互いのチンコを舐めしゃぶっていたけれど、俺の口内じゃ都築のブツはデカすぎるのか、俺が苦しそうに喘ぐと、その反応も気持ちいいのか、都築は舌先で器用に俺のチンコを絡め取りながら、俺が吐き出さないように少し奥にグイッと腰を押し進めて軽くえづかせる。酷いヤツだ。
 そうしてゆるやかに腰を使いながら、都築が俺のチンコから口を離して濡れた唇をペロッと舐めながら、しげしげと大きく口を開いて都築を咥えている俺を観察しているみたいだ。

「そろそろイクぞ。全部飲めよ」

 俺のチンコを片手で扱きながら、俺の後頭部を押さえ込んで眉を顰めた都築は、言葉通りグッグッと俺の咽喉でチンコを扱きだして、苦しがる俺を押さえつけながらラストスパートに入ったみたいだった。

「出すな!飲むんだ」

 ゴプッと大量の精液が口内を蹂躙して溢れかえったに違いないのに、都築は腕を離そうとしてくれず、苦しむ俺が暴れるのを全身で押さえつけるようにして、なんとか飲ませようとしたみたいだったけど、結局、俺の歯がチンコに当たって痛かったのか、舌打ちしながらズルッと長大な逸物を引きずり出されて、俺はそのまま床にボタボタと精液を吐き出していた。

「…え?、ええ??なんだ、なんだこれ?!」

 俺は口から大量に精液を吐き零しながら、股間では弾けた先端から白濁の精液が垂れ流しで、何が起こったのか、これがどんな惨状なのか混乱した頭では理解できずに呆然と両手で拭った他人の精液を見下ろした後、唖然としたように、不満げに眉根を寄せて肩で息をしながら上体を起こした都築を見た。

「へ?都築?お前…なにやってんだ??」

□ ■ □ ■ □

「よし、そこでストップ!」

 ハアハアと荒い息遣いのままで停止を呼びかけると、ジーンズの前を開いたままで正座していた都築は、不機嫌そうにスマホから流れている動画を停止した。

「ほら見ろ、オレが襲ったんじゃない。お前が誘ったってのは理解できたか?」

「…誘ってはいないだろ、どう見ても。お前が勝手に寝ている俺に舐めていいかとか挿れていいかとか扱いていいかとかとかとか!いちいち確認してるだけであって、了承は取っていないだろ。そもそも、寝惚けてる俺の答えなんて意識がないんだから俺の意思じゃない!」

 取り急ぎユニットに飛び込んで備え付けの洗面台で思い切り吐き出すと口を濯ぎ歯を磨きまくった俺は、それから腹に飛び散っている自分の糸を引く精液をティッシュで拭い取って個室から出てきた。そして、なぜかジャージのズボンは下着ごとベッドの下で山を作っているのを見ながら…ああ、今の俺は下半身が丸裸なんだなと気付いた。
 そんな俺が酷い剣幕で都築に掴みかかったかと言うと、そうではなく、あまりのことで暴れることも考えることもできない思考停止状態の青褪めた俺を見るなり、都築は自分のせいじゃないぞと言ってスマホの動画を再生しやがったのだ。

「何いってんだ、巫山戯んな。お前がそんなところで寝てるから、ベッドに運んでやろうとしたら処女のくせに可愛く笑いながらすり寄ってきたんだぞ!誘ってる以外に有り得るかッ」

 可愛く笑うってなんだよ、気持ち悪い。

「そっか、処女のくせに誘った俺が悪いのか。だったら都築が意識のない俺の寝込みを襲ってフェラさせても仕方ないのか。もう絶対にお前の前じゃ寝ない。それに俺がそんなことするもんかッ…て、いい。動画はもうお腹いっぱいです」

「ふん。証拠はあるんだ。今さらお前がオレを追い出そうとしてもそうはいかないからな」

 どうやら、多少は悪いことをしていた意識はあるのか、都築は可愛く笑って擦り寄るシーンを貴重と感じて録画したのか、俺の拒絶で恐らく他のヤツが観たら「か、可愛い…?」と語尾に必ずクエスチョンがつくだろうそのシーンを見せようと差し出していた腕を引っ込めて自分のスマホをベッドに放ると、それまで正座をしていた足を崩してジーンズのジッパーを上げ、ベルトをしながらブツブツ文句を言っているみたいだ。
 都築はさすがお坊ちゃんなので、俺と違って1時間でも2時間でも正座ができる。痺れないんだ…やっぱり御曹司って感覚の何処かが微妙に他人と違うんだろうか。

「本当なら叩き出したいところだけど、俺にも非があるみたいだから今回だけは許す。でも二度目はないからな。寝込みは襲うな、寝込みは!」

 それでなくても寝付きは良いけど、一度眠るとなかなか起きない俺のことだ、二度目に襲われても絶対に起きれない自信があるんだから。

「…それは約束しない。またお前からすり寄ってきたら、オレは据え膳は平らげる主義だからさ」

 床の上でごろんっとなってすやすやと安らかに転寝している俺に夢中になっていたせいで、その日のスマホチェックを忘れていた都築は、ちゃぶ台の上から俺のスマホを2台手にして鼻を鳴らすと、そう言って俺の(ここ主張)ベッドにごろんしやがった。
 …とうとう都築三姉妹用のスマホまで見つけ出されてしまった、恐るべし興梠さん。
 都築はもちろん、常に俺の部屋の家探しをするように頼まれている興梠さんの目を掻い潜るようにと都築三姉妹から念を押されていたにも拘わらず、だ。
 でも、ちゃんと言われた場所に隠してたんだけどなぁ…うーん。

「やめろよ、その変な主義」

 ベッドの下で冷たくなっている可哀想な下着とズボンを手にして、やれやれと穿いている俺をジックリと眺めながら都築は肩を竦めたみたいだったけど、吐き捨てた言葉は全く可愛げがなかった。と言うか、意味が判らない。

「お前は眠っている時が危険だ」

「は?」

 訝しくて眉を顰めながら首を傾げたら、都築は俺のスマホをフリックしながら眉間にシワを寄せて不機嫌そうに見据えてくる。まあ、都築が不機嫌そうなのは何時ものことだけど、今回は不愉快も加わっているみたいな気がした。

「何をされても素直に言うことを聞く。これは非常に拙いぞ」

「寝てる俺にアレコレやらかすのはお前ぐらいだよ。まだ都築と知り合う前なんか、平気で徹マンとかしてたけど、別におかしなことになったこともないし…」

 そこまで言ったところで、都築のヤツが剣呑な目付きをして上体を起こしやがった。

「徹マン?…お前、よく男の部屋に寝泊まりしてたのか?」

「当たり前だ、お前バカだろ」

 女の子の部屋に寝泊まりしてたのかって怪訝な顔で聞かれるならまだしも、どうして野郎の部屋に寝泊まりでそんな物騒な顔されないといけないんだ。
 お前に俺がどんな風に見えてるのか知らないけど、俺は男だからな。
 バイのお前と違って純粋にヘテロで、男のチンコを喜んで咥えてるわけじゃないんだ…うげ。

「俺さぁ、麻雀とかよく判らないから弱かったんだけど、専ら飯担当で引っ張りだこだったぜ」

 そう言えば麻雀が弱いからよくカモられもしてたけど、貧乏だって判ってから連中は麻雀というよりも飯炊き要員として重宝してたよなぁ、そのおかげで飯代が浮いていたんだっけとうんうんと俺が思い出深く頷いていると、ベッドに腰掛けた都築は片手で口許を隠して何やらブツブツ言ってる。

「…ってことは夜は寝てたんだな」

「はあ?当たり前だろ。みんな麻雀してたけど、俺はグースカ寝てたよ」

「お前、もう二度と徹マンとかするなよ」

 俺の回答に都築のヤツは蟀谷をピクッと痙攣させてから、不貞腐れたように言い捨てた。なんだ、その態度。

「なんでだよ?…とは言っても、お前が四六時中うちに来てるから、遊びになんか行けないけどさ」

 そりゃ、都築以外と遊べないのは少しはストレスだけどさ、だからって理由もなく遊びに行くなってのはどうかしてると思うぞ。

「それでいいんだ」

 俺がぶーぶーと唇を尖らせて悪態を吐いたってのに、都築のヤツは腕を組みながら上出来だと頷きやがる。なんだよ、それは。

「だから、どうしてだよ?!」

「どうしてもだ!今度オレに黙って徹マンなんかに行ったら承知しないからなッ」

「はあ?なんだよそれ。そんなの俺の勝手だろ」

 理不尽な物言いにプンスコと腹を立てて腰に手をあてがって納得できないと都築を見下ろすと、ヤツはそんな俺をジックリと見据えてから、すっと色素の薄い双眸を細めてふと物騒なことをほざいた。

「…黙って行ったら犯すからな」

「げっ、何いってんだお前」

 ギョッとして一歩後退ると、都築のヤツはまるで我が意を得たりとでも言いたげに、ニヤリと笑って鼻なんか鳴らしやがる。

「眠りこけたお前は無防備だから、平気で犯せるぞ」

「やだ、絶対に嫌だ!絶対に黙って行かないッ」

 それでなくても寝込みを襲われて、思い出したくもないフェラなんかさせられたんだ。これ以上理不尽な仕打ちには絶対に耐えられないから、俺が全力で拒絶すると、都築はちょっとホッとしたようにうんうんと人の悪い笑みで頷いている。

「そうそう、そうやって素直でいるのが一番だ」

 都築の場合、「犯す」ってのが実感を伴って襲ってくるから性質が悪いよな。
 だいたい、GPSだの盗聴器だのを持たせてるくせに、どうして黙って行動したらダメなんだよ。俺の行き先も話し相手も全部筒抜けだってのにさ。

「うるせえな。でも、友達に呼ばれたら遊びには行くからなッ!止めたって無駄だ」

 我が身を抱くようにして都築から逃げ出すようにしながらも、理不尽さにそのままおめおめと屈服するのは癪に障るので、俺は舌を出しながら都築を睨んで言ってやった。

「…お前は眠っている時のほうが素直で可愛い」

 胡乱な目付きでそんな俺を見据えていた都築は、それでも納得したのか、鼻を鳴らした不貞腐れた態度でもう一度、俺のベッドのはずなのに、我が物顔でごろんしやがった。

「別に可愛くなくて結構です…ところでお前、今日は早かったんだな」

 我が身を抱いて自分の身体の惨状を思い出した俺は、できれば風呂に入りたいところだけど、室内もちょっとアレなニオイがしてるなぁ…くそう、悔しいから消臭剤をふってやる。

「ああ、講義が1つ休講になった。ところで、お前少しは飲んだのか?」

 ユニットに備え付けてある消臭剤…都築が来てからトイレ全開放の覗きが横行するから、それまで買ったこともなかった消臭剤を準備するようになった…金がかかるんだから、もう。
 覗き、やめてくれないかな…鍵をつけても壊すから性質が悪いんだよなぁ。
 それを室内にシューシューしていたら、都築がおかしなことを聞いてくるから首を傾げてしまう。

「へ?」

「オレのセーエキだよ」

 俺のスマホをフリックやタップで内容確認しながらあっさり言いやがる都築に、あの独特の生臭さと、それからなんと言うか発酵し尽くしたヨーグルトに強烈な苦味が入ったような味を思い出して思わず吐きそうになった。
 思い出させるな。顔射だってあんなに嫌だったのに、それを飲ませようとしやがって…こっちに非がなかったら今頃叩き出して二度と家に入れないんだけども。
 前回の顔射の時は不意打ちだったけど、今回はバイだって知ってるのに無防備に眠りこけていた俺もどうかしていたんだ、ぐぬぬぬ…と断腸の思いで許してやる。
 と言うか、今回は眠りこけていたおかげで全容は動画を観るまで知らなかったから、まあなんとか許せるかな。目が覚めた時は口から精液が溢れてたぐらいだし…おえ。できればやっぱり、許したくない。

「ああ、精液ね。うん、吐き出した。全部吐き出してやった」

 都築は途端に不機嫌になって、それから舌打ちしたみたいだ。
 何だ飲まなかったのかとか、どうしたら飲ませられるのかとか、なんだか物騒なことをブツブツ言っているから思い切り呆れたけど、俺は手にしていた消臭剤をトイレに戻しに行きながら言ってやった。

「お前さぁ、俺のこと好きでもなければタイプでもないのに、そんなヤツに精液飲まれて嬉しいのかよ?」

「別に?オレのセフレたちは好んで飲むから旨いんじゃないかと思ってさ。お前が飲んだんだったら感想を聞こうと思っただけだ」

「ああ、そりゃ悪かったな。非常に不味かったよ」

 都築三姉妹専用のスマホもタップやフリックしていた都築は、肩を竦めた俺が嫌そうに顔を顰めるのをジッと見つめたままで目を瞠ったみたいだ。

「…味は感じたのか?」

「当たり前だろ?!誰かさんが頭を押さえつけやがったから暫く口の中にあったんだ。味ぐらいは判るよ」

 できれば一生、判りたくもなかったけども。

「ふーん」

 不意に、何故かちょっと機嫌がよくなった都築が、都築三姉妹に今日のお献立と題したメールしか送受信されていないスマホの画面を、面白くもないだろうに眺めながら「これは旨かった」とか「これはもう一度作らせたい」とか独り言をブツブツ言っているのを聞きながら、今度は俺が唇を尖らせるんだ。

「あと、今後はこんなこと、セフレだけにさせろよ。好きでもタイプでもないヤツでもいいんなら、そこら辺の都築ファンでも引っ掛けて勝手にやってくれ」

 お前と寝たがる相手は俺以外なら山ほどいるんだ。

「他のヤツになんかやらせるかよ。オレだって病気はこえーんだよ」

 …なんだ、それ。じゃあ、俺は病気がないから安全牌だったってワケかよ。
 冗談じゃねえぞ。

「…じゃあ、今後は選び抜かれたセフレで宜しくお願い致します」

 俺が慇懃無礼に言った後に、ムッツリと腹立たしく頬を膨らませていると、都築のヤツは「また可愛い真似しやがって」とかなんとか、ブツブツ言いながらも舌打ちなんかしやがった。
 舌打ちしたいのはこっちだ、バカ。

□ ■ □ ■ □

●事例11:うたた寝していたらフェラさせられる
 回答:お前がそんなところで寝てるから、ベッドに運んでやろうとしたら処女のくせに可愛く笑いながらすり寄ってきたんだ、誘ってるお前が悪い。
 結果と対策:そっか、処女のくせに誘った俺が悪いのか。だったら都築が意識のない俺の寝込みを襲ってフェラさせても仕方ないのか。もう絶対にお前の前じゃ寝ない。